Languages
› English |
› 日本語

豊田麻琴 公式サイト

読者数 : 830人

修了生の活躍

大城真弓さん

大城真弓さん医療機関勤務 

Q: NLPを受講したきっかけは?

私はNLPを受ける前までは、自分のことを本音で語るということをしてこなかったんです。仕事でもプライベートでも、自分が困っていても、苦しくても「苦しい」と言わなかったですし、特に「助けて」って事は絶対に言えなかったんです。親に対してもそうなんですけど、自分の事で人を悩ませるという事ができなかったんです。

だから、仕事でもいっぱいいっぱいの中で「甘える」ってことができなくて、自分だけでなんとかしなきゃ、しっかりしなきゃっていつも思っていました。そんな自分と向き合いたいと思ったことがNLPを受講したきっかけでした。

 

NLP受講中にも変化はありましたか?

それまでは、仕事やプライベートのことを考えて、時々不安になる事がありました。
まるで心の中に何か重たいものが、のっかっているような感じがしてたんです。
でもNLP受講中に、「いくらNLPの勉強してても一歩踏み出さなければ何も変わらない」ってことに気づいたんです。
今は、NLPを学ぶ前と比べたら、もう全然気持ちも楽ですし、あ~幸せだなって思います。
「なるようになるわ!やりたいことやろう!チャレンジしよう」って、そんな言葉を出してみると不思議といい情報が入ってきたりしてますね。また、いい意味で人に「頼る」ということができるようになりました。
私が頼ると相手も頼ってくれるのを感じたんです。そういうことによって信頼関係ができるんだなっていうことがわかってきたんです。そして「甘える」ってことは決して悪いことではないんだってことに気づきました。

前だったら失敗したら、あわてて空回りしたりして落ち込んだりすることもあったんですが、NLPで学んだ「失敗はないフィードバック(学び)があるのみ」だという考えが自分の中に浸透していて、今では、ミスしても「じゃあ、どうしたらできる?」って自然に自分に問いかけているんです。そうやって振り返ると「私って変わったな~」って本当に思います。

 

 真弓さんは医療という現場で仕事をされてますが、そういった現場で活かせるNLPってどんな事ですか?

医療現場って「多職種」の集で。
患者さんがいて、医師、看護師、検査技師、医療事務などいろんな分野の人達が職場にいて、チームで連携でやっていくところなんです。
訪れる患者さんは病気など患っている方達ですので、みんな悩みとか不安を抱えてるんです。
そんな人達との関わりをもつ上でも、医療の現場では、絶対にコミュニケーションは欠かせないんです。
そこで、病院の中で医師も含めてどのような立場の人にでも、自分の意見をお互いがはっきり言えるチームの雰囲気づくりがとても大切だと思うんです。NLPを学んだことを、チームのコミュニケーションに活かしたり、相手の話をしっかり聴き、どのように寄り添えるかというところ役に立てていきたいです。

真弓さんの目指すところは?

もっと人との関わりをもつ中で、時には言いにくいこともあると思うんです。
今までは、さけて言わずにすましていたけど、相手のためを思えばこそ、言いにくいことを伝えないといけない場面注意する 場面、相手を思いやって、信頼してもらえるような言葉の使い方やスキル、 雰囲気づくりをもっと学んでまたそれを自然にできる人になりたいなと思ってます。

カレンダーから探す
セミナー・講座情報 大好評!豊田麻琴の無料メールマガジン
豊田麻琴オフィシャルブログ
ミライズ ならゆん公式ページ
豊田麻琴twitter
豊田麻琴facebook